「雁木・ぱとぺ」とは?

雁木・ぱとぺ

-新潟県上越市四ヶ所・戸野目の雁木通り-


四ヶ所・戸野目には、豪農の館保阪邸(蔵は雙岳)とニュージーランドから移住して、古き良き日本の文化を継承しているフィリップスさんの二つの邸、そして大島グループの民泊「柳精庵」があります。

たまたまこの雁木通りの空き家を紹介され、明治の町家「こうじや」、そのあと「民泊「はたご」、Bookバル「ほんや」、豆本の店「ねこま」など購入して改装中で、この界隈を、 “アートのある歴史まちづくり”をコンセプトとした雁木通りにしたいと考えています。


「雁木・ぱとぺ」施設

① 町屋「こうじや」 和服のフリーマーケット

② 「こうじや」にある蔵のちいさな映画館

③ Bookバル「ほんや」 本に囲まれた寺子屋・イベント会場

④ 民泊「はたご」  和の雑貨に巡り会う・アルベルゴ・ディフーゾ拠点

⑤ 蔵の美術館「たなやかた」とマルシェ広場 画家田中信男常設展

⑥ 「ねこま」 パンと豆本つくりの店

Posted by gangipatope